エンジニアブーツの特徴

エンジニアブーツの特徴としては、
元々が作業用の安全靴でしたので
靴紐は作業者が
足下のモノに紐を引っ掛ける恐れがあるため
外されています。


替わりにベルトが甲からくるぶしあたりについています。


ベルトにはバックルが足の外側に配置され、
ベルト長を調整できるようにしています。


このベルトの存在が
エンジニアブーツの最大の特徴と言えるでしょう。


エンジニアブーツは、
主にメンズにとって
今ではファッションアイテムとして
欠かせない存在になっています。


レディス用のブーツとは違い、
メンズには「ロングブーツ」がほぼ存在せず、
エンジニアブーツが適当な「準ロングブーツ」として
使用されているのが現実だと思われます。


更にはアッパーに起毛素材や高級な皮革を用いて
ファッション性のみを追求した、
安全靴の域を脱した
エンジニアブーツも多く登場しています。


最近では、普通に履くブーツとして、
エンジニアブーツがブーツカットタイプのパンツなどと
コーディネートされて履いている光景を
目にすることも多くなりました。


そもそも、裾を含めて足下の物に足を
引っ掛けないようにするためのブーツなので、
裾はブーツの中に入れて(ブーツイン)履くべきである
という考えも一部ではあります。


又、アメリカン・クルーザータイプのバイクに乗るライダー達に、
その安全性と、ファッション性から好まれています。


スポンサード リンク